世界遺産 玉陵(たまうどぅん)琉球王家の石造りの巨大陵墓

沖縄 玉陵

玉陵(たまうどぅん) 東室

玉陵(たまうどぅん)は琉球王国、第二尚氏王統の歴代国王が葬られている陵墓です。王様のお墓です。

首里城の守礼門あたりから西に数百メートルいったところに玉陵はあります。

沖縄本島や離島をドライブしていると立派な石造りのお墓を良く見かけます。玉陵(たまうどぅん)とは規模が違いますけどね。

もともとは第3代尚真王(在位1477年 – 1526年)が父、尚円王を葬るため1501年に建築したもの。

2000年には首里城などと合わせて「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして世界遺産に登録されました。

2006 07 01 17 20 45

玉陵外郭

首里城公園のすぐそばにあるので首里城とあわせて観光したいですね。

玉陵(たまうどぅん) 
  • 住所:沖縄県那覇市首里金城町1丁目3
  • 電話: 098-885-2861(玉陵管理事務所)
  • 営業時間 :9:00~17:30(閉館18:00)
  • アクセス:那覇空港から車で約15分 最寄の那覇ICから約5分
         ゆいレール:首里駅から徒歩で約15分
  • 駐車場: 首里城公園の地下駐車場を利用 ※料金は310円ですが2時間まで 
  • 入場料: 大人 300円 小人(中学生以下)150円

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)