残波岬 東シナ海に面した断崖絶壁の岬

残波岬の断崖

沖縄本島のちょうど中間ぐらいにありながら本島最西端の残波岬は、東シナ海の荒波が打ちつける断崖が約2km続く絶景スポットです。

残波岬灯台

珊瑚とエメラルドグリーンの海のイメージがある沖縄ですが残波岬は吹きつける風と打ちつける波が荒々しい場所で最西端にあるので残波岬は夕日スポットとしても有名です。

残波岬灯台への道

力強い海が広がる海に白い残波岬灯台が映える。灯台は高さ約30mあり頂上までいくとすばらしい眺めを堪能できます。ぜひ登ってみましょう。

残波岬の断崖が続く

戦争時、米軍が上陸するときにこの残波岬の灯台を目印にしたという悲しい場所でもあります。

灯台の周りは岩場になっていて柵などがあまりないので気をつけて。崖は危険です。

残波岬の朝日

残波岬ロイヤルホテルはすぐ近くなのでここに宿泊しているのなら早朝や夕日のタイミングで寄ってみたいですね。

日航アリビラからだとちょっと距離がありますが車ならサトウキビ畑を走り抜けてすぐ着きます。

ちなみにここの名のついた泡盛、残波白は残波岬ほど荒々しくなく美味しくて飲みやすい泡盛で現地の方にも人気です。

残波岬アクセス
国道58号線喜名交差点から県道12号へ入って県道6号へ。残波入り口を超えて北上。那覇空港から約1時間30分

残波岬公園
  • 住所 沖縄県中頭郡読谷村字字座
  • Tel. 098-982-9216(読谷村役場)
  • 駐車場 無料
  • トイレ あり
  • 入場料 無料(灯台は大人150円、子供120円)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)