上原航路が欠航しやすい西表島へ行く時の注意点。

西表島 ジャングル

沖縄本島に次いで2番目に大きな西表島。島の面積の9割がジャングルに覆われている亜熱帯の島。島に一周出来る道路はなく自然がそのまま残る秘境の島と呼ばれています。

生い茂るジャングル、水量の大きい川、未開の地が多くある秘境の地。このスケールの大きい自然を感じることが出来るアドベンチャーランド、西表島。

西表島 イダの浜 珊瑚

ここで体験出来るアクティビティは他の沖縄離島にはない魅力的なツアーがいっぱいです。たくさんの魅力がある西表島へ行く時の注意点をまとめます。

西表島へのアクセスは上原港と大原港の2航路ある。

 

西表島へは石垣島の離島ターミナルから船でアクセスします。西表島には島の北の上原港と南にある大原港と2つ港があります。

西表島の北部に人気スポットが集中しているので上原航路がよく利用されます。

ここが重要ですが島の北の港、上原航路のフェリーは風の影響を受けやすく欠航が多くなります。なので欠航時は大原航路で西表島へ行くことになります。

上原港のフェリー欠航の可能性を考え送迎バスのある安栄観光を利用する。

安栄観光 離島ターミナル

上原航路欠航の為、大原港から西表島北部へ行く場合は、送迎バスのある安栄観光のフェリーを利用しましょう。

ぼくも初めて西表島に行った時、上原航路が欠航になりしかたなく大原航路で西表島に上陸しました。しかし安栄観光のフェリーではなかったため送迎がなく、大原港で途方にくれてしまいました。

たまたま、西表島でレンタカーを借りる予定だった「やまねこレンタカー」が上原港店と大原港店があり連絡して上原港で借りるところを大原港店で借りることが出来なんとかなりました。

西表島へ行く時の注意点(上原航路欠航のリスク対応)

 

  • 航路が上原港と大原港行きと2つあり上原港は欠航しやすい。
  • 上原港へ行く場合は欠航のリスクを考えて予約するなら安栄観光にする。
  • 上原港欠航の場合は安栄観光のフェリーで大原港へ行き送迎バスで上原港へ向かう。

大原港から上原港へはバスで30分以上かかることになるため西表島でアクティビティツアーを予約するときは時間にゆとりを持って予約しましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)