渡嘉敷島の「とかしくビーチ」は高確率でウミガメに出会える素敵なビーチ

渡嘉敷島 とかしくビーチ

ウミガメに会いたいなら渡嘉志久(とかしく)ビーチへ

沖縄本島から日帰りでも行ける慶良間諸島。その中でも渡嘉敷島は本島、泊港から約35分程で行けるケラマブルーの世界。

渡嘉敷島には阿波連(あはれん)ビーチ渡嘉志久(とかしく)ビーチと人気の2つのビーチがあります。

渡嘉志久ビーチは阿波連ビーチの賑やかさに比べて静かなビーチです。宿泊施設も近くに1つ(とかしくマリンビレッジ)だけで売店や食事するところはほとんどありません。

その分、プライベートビーチ感覚でゆっくりと過ごせます。そして、最大の特徴はウミガメに高確率で出会えることです。ウミガメと一緒に泳ぎたいためだけに渡嘉志久ビーチに訪れる人も多いです。

高台から渡嘉志久ビーチの全景

とかしくビーチ 渡嘉敷島

渡嘉敷港から阿波連ビーチへ向かう途中、眼下に「渡嘉志久ビーチ」が見えます。高台から見下ろす渡嘉志久ビーチはとにかくきれいです。

渡嘉志久ビーチは入江のようになっているので波は穏やかです。阿波連ビーチの波が高いときでもこちらは穏やかな時もあるようです。

沖にはダイビングやシュノーケルツアーのボートが停泊しています。ちょっと距離がありますが頑張って泳ぐとポイントのサンゴ礁群があります。

念願のウミガメに出会えた!

とかしくビーチ

渡嘉志久ビーチの最大のポイントはウミガメに高確率で出会えることです。浜の近くまでウミガメが藻を食べに泳いできます。ウミガメは人が近づいても悠々と泳いでいるので一緒に泳いでいる感覚になれてうれしいです。

海外のようなロケーション、木々を抜けてビーチへ

慶良間諸島 渡嘉敷島 とかしくビーチ

ビーチ手前は芝生に木々がありロケーションがとても良いです。日陰があるのもうれしいですね。ちょっと海外のビーチのような感覚になります。

ケラマブルーのビーチへ

とかしくビーチ ケラマブルー

木々を抜けるとビーチが見えてきます。静かなビーチにケラマブルーといわれる美しい海が感動的です。

ウミガメがビーチに入ってすぐのところに

とかしくビーチ ウミガメに出会えるビーチ

ウミガメは藻を食べにビーチ近くまで泳いでくるようです。海底で藻を食べていますが時々、呼吸のために水面まであがってくるのを待ちます。

水面まであがってくるウミガメ

とかしくビーチ ウミガメ

ウミガメが水面まで上がってきました。シャッターチャンス!防水カメラ必須です。

きれいなサンゴと魚も見れます。

とかしくビーチ 慶良間諸島

近くには枝サンゴや色とりどりの魚も見ることが出来ます。

賑やかさでは阿波連ビーチですがウミガメに会いたい、静かに過ごしたい、なら渡嘉志久ビーチがおすすめです。

サンゴや魚はビーチ近くでよく見れる阿波連ビーチのほうがいいと思いますが、とかしくビーチはシーズンインでも游泳エリアがフリーなので、ある程度の経験があるならこちらのほうが自由がきいていいかもしれません。

お子様連れや初心者の方はビーチスタッフの目が届くように游泳エリアが決まっている阿波連ビーチが安全かも。

渡嘉敷島の2つの特徴のある人気のビーチなのでどちらも楽しむのが一番ですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)