園比屋武御嶽石門 沖縄 世界遺産 代々の国王が安全を祈願した場所

園比屋武御嶽 沖縄 世界遺産

園比屋武御嶽(そのひゃんうたき)は16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽。石門の後ろにある森が園比屋武御嶽でこの御嶽はかつての国王が各地を巡航する旅に出る際必ず拝礼した場所。首里城歓会門と守礼門との間にある園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)がこの御嶽の礼拝所です。園比屋武御嶽石門は、1519年に第二尚氏王統第3代王の尚真のときに造られ、2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産(文化遺産)に首里城跡とともに登録されました。今もお祈りに訪れる人が後を絶たちません。

園比屋武御嶽2 沖縄 世界遺産

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)