石垣島 離島ターミナルから離島へ行く 竹富島と西表島へ行くときの注意点。

石垣島 離島ターミナル

石垣島の離島ターミナルは八重山諸島への玄関の役割をもつ

石垣島の石垣港離島ターミナルは八重山諸島へのアクセスの拠点となっている場所です。ここからフェリー便で竹富島、西表島、黒島、小浜島、鳩間島、波照間島と人気の八重山諸島の離島に行くことが出来ます。

2007年に新しく開設された石垣港離島ターミナル。広々とした施設で各離島を結ぶ高速船の運行会社、ツアー会社のデスクがあります。その他に待ち合いロビー、売店、飲食店などもそろうようになりました。

売店はお弁当、ジュースなどの他にマリングッズのショップもあるので何か忘れ物があった時は重宝しそうです。ぼくは海用サンダルが突然壊れたのでマリンシューズを買えて助かりました。

石垣島 安栄観光 離島ターミナル

石垣島離島ターミナルで高速船の運行会社は

と3社あります。これに各船会社の乗船券と八重山諸島へのツアーを販売している「平田観光」の4社のデスクがあります。どこの高速船で行けばいいのか悩んでしまいますね。

竹富島の町並み

「石垣島→竹富島」間は全社共通チケットで便利だ

竹富島は石垣島から約10分で行ける人気の八重山の離島です。日帰りでも十分に楽しめる竹富島へは全社共通チケットになっているのでどの販売デスクで購入しても、どの高速船に乗れるので判りやすいです。

アクセスがよくどのチケット販売デスクでも乗船料金、所要時間は一緒なので竹富島へは簡単に行ける配慮がうれしいですね。

西表島のジャングル

西表島へは2つの港行きがある。上原港行きへは注意が必要。

西表島は上原港と大原港と2つ港があります。上原航路は西表島の北部に向かう航路で北寄りの風が強い状況の場合、波、風の影響で欠航になることが少なくありません。

南部のへ向かう、大原航路は風の影響を受けにくく上原航路が欠航時でもこちらは通常運航していることが多々あります。

なので上原航路便を予定している場合、欠航のリスクがあるため

西表島上原航路欠航時は、西表島島内大原港=上原港間の送迎バスを運行している「安栄観光」での高速船がおすすめです。

上原周辺でスケジュールを組んでいる方は「安栄観光」でチケットを上原行きを買っておくと(欠航でも上原行きを買い実際は大原港に行く)大原港からバスで上原港まで送ってくれます。上原港が欠航の場合、上原周辺でツアーを組んでいたりレンタカーをかりてる場合は「安栄観光」のバスを利用しましょう。

私は一度知らずに上原周辺でスケジュールを組んでいたのに上原行きが欠航になって「八重山観光フェリー」で大原に行ってしまい大変なことになりました。幸いやまねこレンタカー上原店でレンタカーを予約していたのですが大原店でも1台空きがあってなんとかお願いして貸し出し営業所を変更してもらいました。空車がなかったらアウトでした。初めて西表島に上陸して途方に暮れるとこでした。(笑)逆に結果オーライで上原港までドライブ出来て良かったです。

石垣島離島ターミナルの駐車場
駐車場は離島ターミナル目の前と西側(建物向かって右側)の2ヶ所。料金は1時間100円、30分毎50円。大きいのですが時期によってはすぐ満車になってしまうみたいで注意が必要。(もうちょっと離れた所にも駐車場はあることはある)初めて利用した時は目の前の駐車場が満車で困っていたら地元の人に声をかけられて私有地みたいなところに案内されてそこに止めました。(笑)値段はそこそこ。1500円ぐらいだったかな?まあ初めてだったので。。

石垣島 離島ターミナル ロッカー

石垣島離島ターミナルのコインロッカー
コインロッカーは2カ所ありますが大きめのスーツケースは不可のようです。(そこそこのサイズのスーツケースは入れられそう)また各船会社が有料で(300~500円)預かってくれるようです。ツアー客は無料のよう。荷物の出し入れはターミナル営業時間内(通常 6:00~21:00)のみとなります。

石垣島 離島ターミナル 出発

さあ、八重山諸島へ出発だ。離島ターミナルはこれから離島に行ってたくさん遊ぶぞー!という活気に溢れています。

石垣島離島ターミナル アクセス

石垣空港から離島ターミナルまでは約4km、車で約8分ほど。タクシーで約1000円。 路線バスは空港と離島ターミナルのすぐ近くのバスターミナル間を結ぶ空港線で約15分~20分。

  • 住所 沖縄県石垣市美崎町1
  • TEL 0980-82-4046

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)