首里城 琉球王国の英華を今に伝える沖縄の世界遺産

 

首里城 正殿

琉球王国に思いを馳せる。1429年から約450年間、都として栄えた首里。 
首里城は中国や日本、東南アジアとの交易により独自の文化が育った琉球時代の中心として英華を誇っていました。 朱色に彩られた建物様式は琉球王国の独自の文化を物語っていてとても鮮やかです。

沖縄の世界遺産は9つあり、ここでは「首里城跡」と「園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)」の2つが世界遺産に登録されています。散策は自由に出来ますが正殿などの有料エリアと守礼門などの無料エリアに分かれています。

沖縄 首里城 守礼門

駐車場から守礼門を通り、首里城跡、正殿に向かいます。この守礼門は二千円札の図柄にもなっています。

 沖縄 世界遺産 園比屋武御嶽石門

園比屋武御嶽石門 (そのひゃんうたきいしもん)国王が外出する時に安全祈願をした礼拝所。門の形をしているけど人が通る門ではなく、神への「礼拝の門」。こちらも沖縄の世界遺産の一つ。

 沖縄首里城 歓会門

歓会門(かんかいもん)。首里城の城郭内に入る第一の正門です。

 

沖縄 首里城から歓会門と市街を望む

上から首里城正門の歓会門と市街、海をのぞむ

沖縄 世界遺産 首里城 正殿 

首里城、正殿の前の中庭広場の空間は「御庭(うなー)」とよばれています。色違いの列は儀式の際に諸官の立ち並ぶ目印の役割をもっていたそう。

首里城 正殿 下庫理

首里城正殿の中も見学出来ます。中も鮮やかな建築様式を見ることが出来る。

首里は沖縄の歴史を訪ねる琉球王国の城下町です。ゆいレール終点の首里駅から徒歩で15分で世界遺産の首里城跡へ行くことが出来ます。那覇空港に着いたら、ゆいレールでまず首里観光でもいいですね。

空港の近くにあるのでツアーなら初日か最終日に行く方が多いのではないでしょうか。リゾートで何泊かして沖縄市街で1泊とか選べるツアーもあるので1日、国際通りや首里周辺で食事、買い物、散策とあてるのもいいでしょうね。

首里城 アクセス 車の場合  那覇空港から国道331号線へ出て、那覇市内中心部へ。 国道58号線に入り、泊交差点を右折。 県道29号線を直進して首里方面へ。

モノレールでのアクセス那覇空港から「ゆいレール」に乗車。 首里駅にて下車。 徒歩約15分で守礼門に到着。那覇空港駅からの運賃大人(320円)小児(160円) ※首里駅からは路線バス (首里城下町線8番)も出ています。 首里城前バス停にて下車。徒歩3分で守礼門到着。

首里城公園
  • 住所: 沖縄県那覇市首里金城町1-2
  • 駐車場:有料 大型車960円 小型車320円 ※首里杜館地下駐車場ご利用料金
  • 開館時間(有料区域): 
    4月~6月 8:30~19:00
    7月~9月 8:30~20:00
    10月~11月8:30~19:00
    12月~3月 8:30~18:00
  • 入場料:正殿入場料 大人820円  中人(高校生)620円 小人(小中学生)310円 6歳未満 無料
    ※有料区域の範囲は正殿、南殿・番所、書院・鎖之間、北殿、奉神門のある区域となります。その他の公園内は無料
  • 休館日:首里城公園施設の一部休館日:7月の第一水曜日とその翌日。
  • TEL:098-886-2020
  • H.P:首里城公園(しゅりじょう)琉球王国の栄華を物語る真紅の世界遺産

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)