茅打バンタ 断崖から見下ろす、やんばるの絶景スポット

サンゴ礁の海岸線が美しい

沖縄 茅打ちバンタ

茅打バンタ(かやうちばんた)は沖縄本島北部、やんばるにある高さ約100mの断崖絶壁の景勝地です。初め沖縄にパンダがいるのか!?と思ってましたが全く違ってバンタとは沖縄方言で崖のこと。束ねた茅を崖から投げ落とすと強風でバラバラになったことからこの名がついたと言われています。

崖の上から見下ろすさんご礁は圧巻です。風も気持ちよく沖縄最北端の辺戸岬までのドライブの途中におすすめ。

沖縄本島北部 茅打ちバンタ

沖縄本島北部一周のドライブはお気に入りのコースです。色々寄っていると一日ががりになるけど。辺戸岬までの西海岸に比べて東海岸側は1.5倍くらい距離が長いです。

だいたい時計回りで北部一周してますが、辺戸岬から東海岸側もちゃんと舗装された道が続いています。単調な道もあるけどやんばるの自然の中をドライブは気持ちがいいですよ。

沖縄 茅打ちバンタ 

沖縄本島の北部は茅打ちバンタの崖のように人が踏み入れるのを拒むような自然が残っていて圧巻の一言。

やんばる 茅打ちバンタ 

見渡す限りの青い海と空は沖縄でないと中々見れない光景です。

茅打ちバンタ
  • 住所:沖縄県国頭郡国頭村宜名真
  • 駐車場:無料
  • 営業時間 :見学自由
  • アクセス:空港から車で那覇IC〜許田〜国道58号 約2時間半
         許田ICから57km  

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)